水たまりをよけるために彼とつないでた手を離して進んだら、彼「そういうところだよ!!なんでそんな少し思いやることもできないんだよ!」