高森藍子「カフェで加蓮ちゃんを待つお話」