「4月経済危機説」ありがたい、まだ死んでないということ。悲しいがそれが韓国経済唯一の希望