私が仕事から帰ってくると畳くらいの大きな油絵がテレビの脇にドドーンと鎮座していた