保育園児だった頃の話。家で遊んでいるときに、弟の姿が見えないので探していた。ふと庭を見ると、池に弟が浮いていた。俺パニック。泣きながら「次郎が~~」って母親を呼んでいた。