【劣等感と惨めさ】彼女いたことない自分が欠陥人間に思えてきた