生まれた子に障害があると知ったコトメが行方不明に。置手紙には「自分の人生に障害のある子供がいる情景が想像できません。他の土地で一人で暮らします。子供もいりません」