竹達 彩奈『あ、どうしようなぜこれを固定してしまったんだろう…笑』