アライさん「ツライのだ...」