千歌 「曜ちゃんはどうするの?」 曜 「私は…」