金田一 「妙だと思わないか?これから死のうって人間が紅茶の味を整えるため砂糖を入れるなんて」