『水曜日のダウンタウン』が「六九」「百」など「名前が数字の人、一から百まで存在する説」を検証