父「我が家で災難が続いている。これは先祖の祟りかもしれない」→半分呆れながらお墓を開けてみると…