【墓場持話】体を壊した上司の仕事を請け負い、激務で死にそうだった数年間。家庭を全く顧みない俺の代わりに嫁が懸命に家族を支えてくれた→管理職になり時間に余裕ができたころ、ふとしたことで嫁の携帯のメールを見たら・・・