「あ、これ糞漫画だな」と判断する瞬間